Text Size : A A A
Img_43d0af00c29dd2d5522e34d0ab45854c
成人の日が近づく頃には本格的な雪のシーズンとなりますが、今年も例年通りと同じようで、郡山市も今朝は少し雪が積りました。

大寒の頃から春彼岸まで、2ヶ月程度の期間は寒さとの闘いですね!

茨城県水戸の偕楽園の梅は1月の末になると蕾も膨らみ、一足早い春を満喫する事ができますが、今日は自宅でも早春の梅を感じて
頂こうと「湯呑小梅」と「銘茶あさひ」をご紹介致します。

夫婦茶碗の「小梅」は九谷焼です。

渋い茶色の地に描かれた梅の枝が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

朝日店開店記念として販売を開始致しました深むし茶「煎茶あさひ」の深い味わいと共に、春を待つ一服の時にいかがですか!

スタッフOでした。
Petit Homepage Service